樹のはなクリニック開業日記

<   2009年 03月 ( 45 )   > この月の画像一覧

女の日記


「京都の人間は、本音をみせまへんから」


横顔をみながら、歳月を思う

30年近く過ぎ去った月日を

互いに詮索することなく

こうして毎月ほんの数時間過ごす


まだ女になりきらない私をみてきた人

「僕の気持ちは、かわりませんから」と眩しい笑顔を
くれた人
[PR]
by kinohanakurinikku | 2009-03-31 19:20 | 小説 | Comments(0)

3月31日の日記 ありがとね。


「優しい人だったわ、暮らし向きはあんまり楽じゃぁなかったけれど」

「ありがたいと思っているの」


健診にいらした93歳のWさんに、亡くなったご主人のお話を聞いた。


検査の間も笑顔で「ありがとね」と何度も言われた。

嬉しいなと思う。



感謝して生きていく。

大切にしていきたい、そしてご高齢の方に教えて頂くことの多さと
その内容の深さには、感服する。


「ありがとね」素敵な言葉。
[PR]
by kinohanakurinikku | 2009-03-31 17:02 | 感じたままに… | Comments(2)

3月30日春の往診


昼の246、久し振りに空いていた。

この道は、本当にいつも混雑していている。

今日はどうした事でしょう。

ずっと先までみえてました。


駒留通りの途中で、8分咲きの桜をみた。

昼の光の中でみる桜より、私は夜桜が好き。

月夜の中で、一人愛でる桜に魅せられる。

狂おしい気持ちになり、桜の樹の元で心が揺らめいていく。


桜は、夜が似合うと思っている。
[PR]
by kinohanakurinikku | 2009-03-30 20:42 | 感じたままに… | Comments(0)

明日から仕事だぁ~、がんばらなくちゃ


ホストファミリーへのお土産を買いに休日の銀座へ行った。

随分と久しぶりに行ったのだが、松屋の地下の食料品街も見慣れた
お店がなくなったり、配置が変わっていたり・・・

それにしても、メイン通りは外国ブランドのお店ばかりでつまらない。
関心もあまりなく、お高くて買えない品揃え。

守衛さんがいると、怖気づいて入れないし。


着物売り場で暫し見惚れるが・・・買い物に専念。

伊東屋も、混雑。

途中で通路の椅子に腰掛けて休む。

夕方前に帰宅したかったので、また中央通りを歩いていると
「さぁ、明日から仕事だな、がんばらなくちゃな」と自分に言い聞かせている
おじちゃんがいた。

傍を通るおばちゃんも「そうようね~」と頷いてしまった。

銀座も色々お店があってお値打ち商品が結構ある。
ランチも4時くらいまでやっていて、助かるお店が多い。

一人でよく入っていたっけ・・・ランチ。
気ままに行くのがすきだから、ランチも一人がよかった。


子供の時たまに父に連れて行ってもらった銀座。

背筋がやっぱり伸びる町であることは変わりない。

老舗に頑張ってもらいたい町、銀座。


ネオンが灯る黄昏時が、一番美しい時だと思っている。

そんな夕暮れ時に一番心に触れ合いたい人とバーで軽く飲み
ほろ酔い気分で、金春通りの路地裏で小指を絡ませる・・・


いつかきっと、願いが叶いますように。
[PR]
by kinohanakurinikku | 2009-03-29 21:20 | 感じたままに… | Comments(2)

女の日記


人恋し青き木の実を手にぬくめ


誰よりもこの人が好き枯草に


わが恋や秋風渡る中にあり


鈴木 真砂女さんの句集より



男は狩人で女は料理をする役割
恋も同じ。

射止められた女の料理の腕前いかんで
恋の味付けも違っていく

極上の料理と恋は同じ・・・

いつまでも記憶に残るのは心地よい味わい

貴方とは、そんな時間を過ごしていきたい
[PR]
by kinohanakurinikku | 2009-03-29 10:22 | 小説 | Comments(0)

3月27日の昨日の日記



時折、息子と夜のドライブに行く。

息子が髪をカットにきた。(私のいきつけの美容院マルコ・ポッチさん)

夕食を倉嶋さんで食べ「少しドライブしない?」と息子が言うので
あてどもなく夜の東京どライブとなった。


親と話しあうことは、私にとってはお説教される事を意味していた。
父からの一方的な「勉強不足、そんな事では医学部に受からない」
と耳にタコができるほど言われた高校時代、そして浪人時代。

いつしか人の話を聞くふりがうまくなっていった。
耳元でシャットアウトする特技だろうか・・・?!

頭に父の言葉が入ると、傷つく事が多すぎたので
自然と、うなずきながら聞いていない技を会得したのだろう。


延々と何時間にも及ぶ父の話は苦痛以外の何物でもなかった。
早口でまくしたてる父、確かに頭のよい人だとは思っていたけれど
人への説得力という点では、家族へはなかったように思う。

その頃いた犬でさえも、父が在宅時は吠えなかった。

往診や医師会の仕事にでると、二匹の犬は伸びをして
吠えたものだった。


息子には、職業の選択、これからの事も強制はしたくない。


私が息子に望んでいることは「明るく、元気に素直に」


親ばかだけど「素敵な男になっている」そう思っている。



それにしても、銀座界隈の客待ちタクシーのあまりの多さにびっくり。
そしてすぐにクラクションを鳴らす人が多くて・・・

譲りあっていけば、何て言うこともないのに・・・


早く息子が運転する車に乗りたい・・・なんて無理だろう。
そのころには、夜のドライブの助手席には彼女がいるのだろうから。
[PR]
by kinohanakurinikku | 2009-03-28 17:08 | 感じたままに… | Comments(0)

女の日記


二度と逢えない人の事を想っている

携帯に保存した二通のメール

「きっとまた元気になりますから」

今まで何度読んだことだろう


じかんくすりはやっぱり効果がなくて

街中で似た人をみて、時間が停止していく


友情という絆


いついくかは、わからないけれどまっていて

そして二人でチョコパフェをまた食べようね


どうしようもなく哀しい土曜の午後に
[PR]
by kinohanakurinikku | 2009-03-28 16:04 | 小説 | Comments(0)

同業相哀れむ


同じ職業だからわかりあえること、時々連絡をとりあう方たちがいる。


勤務医だったり、開業医だったりみな男性医師。

内科で同姓の医師は一人もいないから。

彼らとのやりとりは、同じ悩みだったり怒りだったり
沈澱していく疲れの共有だったり。


互いに忙しいのはよくわかって互いにとても
心配しあっている。

ありがたい係わりだと思っている。

大抵は10時ころまで診察室に残って仕事をしている先生が多い。


開業して半年目、3年目頃にぽっくりいく医師も結構多い。

わかるような気がする。

ず~んと肩に圧し掛かってくるものを自覚するころだから。


同業相哀れむで、なぜかとても気になって連絡を取り合うことがある。

以心伝心、そういう相手がいるのもありがたい、感謝の日々。


「ありがたい」


H先生、T先生、もう一人のT先生
O先生、Y先生・・・ありがとう。

互いの日々が健やかでありますように。
[PR]
by kinohanakurinikku | 2009-03-26 20:13 | 感じたままに… | Comments(0)

3月26日色の道



原色辞典を、ある方のサイトでみている。

日本の色は、色の道にもつながっているように思える。


思いがけない色に出逢って、染められていく愉しみ。

あるいは

染めていく喜び。



二人だけの色、染め合って染まりあって
何色になっていくのだろう・・・
[PR]
by kinohanakurinikku | 2009-03-26 19:23 | 感じたままに… | Comments(0)

3月25日水曜日 長い道のり


子供の住民票を移しに飯能市役所へでかけた。
寮生は、3年間学校のある飯能に住民票が移る。

市役所では「収入がなかったかの確認」もあった。
所得は当然ないので、無税となった。

伸び放題の無精ひげと、足元はせった。
変わらないマイペースね・・・
まぁ、いっかと思わないとです。

着やすさを最優先する息子。

着こなしとか、色合いというそういうセンスはどこかへ
置いてきた様子。

卒業式のジャケットは、とても似合っていたけれど。
インナーのシャツも素敵なんだけど。
ジーンズ姿もいいのだけど。

今日は相変わらずジャージー姿。


渋滞もしていたし、出発も遅くなり昼過ぎに到着。
途中コンビにでパンを買って車中で食べたりしてすっかり遅くなって
しまった。

約5時間車に乗っていたことになる・・・
i Podから流れてくる曲を時々一緒に歌ったりして
気分転換していた。

隣の席からは、寝息が・・・つられます。

Love is over の歌詞も中々泣ける、でも18歳の男子が聴く
曲じゃぁないけれど。

フラワーは、数年前珍しくめげていた頃よく聴いていた曲。

サザンは、歌詞の内容が聴き取れない所があるけれど
日本人受けする曲想。

久保田さんは、ノリがよくてついアクセルを踏んでしまう。


疲れたを連発する息子は、冷たい雨の中英語の勉強に行った。

「辛かったら、休んだら?」「せっかく宿題やったから行く」

自分で決めた事は、人はやっぱりするのですね。


久しぶりに一人の家となる。

猫はいつのまにかどこかへ心地よい場所に移動したのだろう。
犬は、下で私のくるのを待っていることだろう。


帰宅が11時頃になる息子の為に久しぶりに何かつくりましょう。



でも・・・疲れました、わたしも。
[PR]
by kinohanakurinikku | 2009-03-25 18:21 | 感じたままに… | Comments(0)



夢を叶えるために
カテゴリ
以前の記事
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
樹のはなクリニック
最新のコメント
書き込みを拝見するのが今..
by kinohanakurinikku at 20:10
hokariさんも、お..
by kinohanakurinikku at 13:02
2/26に母がT病院で亡..
by hokari at 11:49
ありがとうございます! ..
by kinohanakurinikku at 00:10
8周年おめでとうございま..
by こさかあさん at 16:07
コメントありがとうござい..
by kinohanakurinikku at 14:51
3年前まで喫煙者だったタ..
by ター at 23:17
お久しぶり!です。 ..
by kinohanakurinikku at 12:21
お久しぶりです。 本当..
by こさかあさん at 00:16
久しぶりに樹の花クリニッ..
by こさかあさん at 23:02
ライフログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧