樹のはなクリニック開業日記

<   2008年 11月 ( 42 )   > この月の画像一覧

決意する日


母は、大変お洒落な人で今でもきちんとお化粧をして
髪をアップにしている。
80歳には、到底見えず遠目からは60代後半に
見える。

小学生の頃は、綺麗で可愛い母が誇らしかった。
私と違ってすらりとした長身の人だからスーツもとても似合っていた。

大学生の頃、マックスファクターの化粧品を使っていたの。
そう聞いた時は、まだよく分からなかったがその当時を思うと
相当な高価な化粧品だっただろう。

母は私の選んだ洋服をとても喜んでくれて
就職して最初の給料を貰った頃から随分と
プレゼントをしている。

最近は実家に帰ることもまた私自身が買い物に出かける
機会が少なくて、母の喜ぶ顔が中々見られないのは
とても残念。

と、言ってお気ながら今日は久しぶりに自分自身の洋服を
あれこれと選んだ。

色や、デザインで随分と変貌させるのが女の洋服。

この時期になるとレザーのタイトスカートが好きで履く。
今年は新調して裾周りにデザインのあるものにしてみた。

ゴールドのラメ入りのインナーそしてストライプのジャケット。
黒のタイトのレザー。

「あらまぁ、随分と大人の(充分大人)に見えるわ・・・」

洋服は女に夢を運ぶ。

その後デパートをぶらぶらしていると、今日していた時計のベルトと
同じ色の眼鏡が私を手招きしていた。(zoffは安価で洒落ているので
最近お世話になっている)

でまた、一生懸命働く事を決意して購入・・・


眼鏡は女に現実を直視させる。
[PR]
by kinohanakurinikku | 2008-11-30 20:20 | 感じたままに… | Comments(2)

女の日記


硬式野球のバッティングの小気味よい音が、冬とは思えない陽射しの中で
耳を和ませる。


多摩川台球場の土手で暫く高校野球の練習を眺めていた。


頬を撫でる風は、小春日和のようで期待感で満たされていく。

携帯の着信音がなった、待ち人からの声に一瞬涙ぐみそうになる。


人を幸せにする人なのだろう・・・

その人の声はいつもそういう匂いを感じている。


人生の中で巡り会える人は限られている。

琴線に触れ、今までを浄化しあえかつ高めあえる係わりを
もてる人にあえること、ちょうど互いのジグソーパズルの最後の
ワン・ピースであると思えあえる人。


右の耳に注がれるその人の声は、今日の青い空のように
清々しくてぽかぽかと温かくて、人を幸せにする人なのだと。


桜の木の下を歩いていく、落葉が始まっているが
硬い芽がすでに来年の春の為に準備されていた。


桜の花が咲く頃、グランドが白く光る夏そしてススキが風に揺れる頃
月の光が空を射る様に輝く冬・・・

何度季節が巡っても、今この右の耳に注がれている心地よい声が
消えませんように・・・
[PR]
by kinohanakurinikku | 2008-11-30 14:51 | 小説 | Comments(0)

歩調


人には、もって生まれた歩調があるかもしれない。

卒業して、ずっと早足だったがそれが子供を産んでからは
もっと速くなった。

時間があっても、頭の中では手順を考えたり、少しでも
早くやらなくちゃという歩み方。

以前小野 リサさんのコンサートに行って彼女のような
歩調に魅了された。

しゃべり方は、私はゆっくりだけど気持ちはいつもせいでいる。

今も電子カルテのバックアップをしながらこうしてブログを書き
ゴミを拾ったり、帰宅しての献立やらを考えている。

こういう女がおばぁさんになって、いったいゆっくり過ごすことが
できるだろうか・・・と最近恐ろしく思う。


旅にも行きたい、楽器もやりたい、ゴルフもできることならばスカッシュも
やってみたい・・・

フランス語も習いたい・・・
着物をきて(自分できられるよになりたい)日常を過ごしたい。


人生設計というのを本当にもっておらず行き当たりばったりが
多かったがここ数年、仕事は幾つまで可能かとかリタイアした後の
住まいそして過ごし方に想いを巡らせている。


犬、猫が縁側に寝そべり、時折気のあったロマンスグレーの男性
(できれば、三国 連太郎さん風)が訪ねてくる
小さなイタリア和風住宅にすみ、頬を薔薇色に染めた
私が佇む家。




町医者=待医者とはよくいったもの。
お外にでられない生活になって、妄想がより顕著になっていく・・・
[PR]
by kinohanakurinikku | 2008-11-29 18:49 | 感じたままに… | Comments(0)

美しい別れ


昨日帰宅して福助に「話し方」のお勉強をした。

「こんにちは、はいお口、パクパクでしょ」
「そう、上手いなぁ~」

本当にパクパクと。

でも、長い言葉になると「ぼんそわーる、まだむ~」は
やはり無理で、何度もやっていたら・・・

しょんぼり下を向いてしまった。

カイ君は、すごい。とあまり大きな声で言うと
福助も結構聞いているので、小声で言う。

赤いマフラーも似合うわよねぇ~、白い犬だとなんて事も
言えない。


福助は小さい頃から赤い首輪をしているから。
赤茶色の福助は、タヌキ系の顔をした柴犬。
キツネ系の柴もいるが、私はタヌキ系が好き。


診察室の机にいるしゃべるカイ君人形に一括されている私。
ちょっと休憩したいなぁ~なんて思ってお尻をおすと
「意志が弱い」と言われ「は~い」とすごすご。


クリニック脇の緑道にいる猫も友達で朝「おはよ」と声をかけると
しばらく一緒に歩いてくれる。
「にゃぁ」と目を細めて私を眺める猫。

小さい頃から犬と一緒の生活で、一番の心のよりどころだった。
そして一番信頼できる友達だった。
それは、唯一心を本当に開くことができ安心できた友達だし
いつも同じ眼差しで見守ってくれたからだろう。
お世辞や、意地悪や、裏切りということは一生ない関係だから。

人より犬がうんと大切だった高校生。
校則でがんじがらめになっていて、かつよい子の見本市にいるような
学校生活。

駅のホームで他の学校の男子高校生と話していたら隣のクラス担任に
目撃され、次の日は職員室へ呼び出したった。
(たぶんそうだろうとは思っていたからさほど、驚かなかったが)

「あの人、誰なの?」「弟の友達です」
「気をつけなさい、男子と駅で話すなんて」という女性教諭はまだ20代だったと
思う。

話すだけで、呼び出し。到底納得ができないことだが教諭たちは
それが当たり前で男子とつきあうなんて、とんでもない事と
言われていた。

そう言われていたけれど、やっぱりBFはいて付き合ってはいたが
なんだか後ろめたくて、デートもそわそわしていた。

初めてデートしたのは、A君で多摩動物公園へ行きあまりの寒さに
がちがちだった、新宿に行き中村屋のカレーを食べそしてそれを
割り勘にしようとして、憮然としたA君の顔を想いだす。

動物園でどんな動物を見たかも記憶なく二人の白い息、指先が
触れただけで飛び上がりそうになった二人・・・


卒業して浪人生活1年、その間犬ともだけの生活になった。
大学入学してまわりが男子だらけだったが、想いを寄せる人には
思われず、あちらが良いと思ってくれる人とはお笑い友達以上にならず。

卒業してからは、ひとり暮らしの家と病院の往復のみ。
というのは、少し嘘・・・

冬になると私が編んだセーターを貰うだけもらった人の事も想いだす。
当直の夜、ナースたちに聞きながら編んだセーターは、エメラルド色の
毛糸だった。

夢中になると人にもものにも凝り性だから、一気にやらないと気がすまない。

随分一所懸命編んだそのセーターも結局彼は一度も手を通すことは
なかったと思う。

迷惑な女だったと後年反省。

愚かだった事の反省は、時間を経て染みてくる。
だから、次の出来事への対処が間に合わない。

好きになった所が、別れる頃にはそれが嫌いになった所になっていると
最近ラジオで聞いたような気がする。

なるほどと、アナウンサーの声に頷いてしまった。

思いかえしてみると、合点がいく。


よかった所を思いかえしながら別れるというのは
不満をもたぬように日々感謝していく人が
できる事のような気がする。


今日も一日ありがとうございました。
そう、思って過ごしていきましょう。
そしてよかった所を思い美しい別れのできる女になれますように。



f0104138_20401124.jpg

[PR]
by kinohanakurinikku | 2008-11-28 20:32 | 感じたままに… | Comments(0)

女の日記


雨の夜に聴くアルバム

Coltrane

「忘れないで・・」


忘れない、月のみえない夜に
想いだすのは、Sの唇とLarkの香り



好きという理由だけでは、叶わない事がある
そう教えてくれたのはSの涙だった・・・
[PR]
by kinohanakurinikku | 2008-11-28 00:13 | 小説 | Comments(0)

女の日記


夜の帳がおり車窓から見える景色は
息も止まらぬ速度で消え去っていく

想いでは甘い薫りがする

そして

涙さえも温かくて喜びに染まっていく


掌に残る余韻は、水蜜桃のようにまだ
瑞々しくて唇に果汁が滴っている


愛しく思うことは、心の襞を互いに癒す事からはじまるのかもしれない
[PR]
by kinohanakurinikku | 2008-11-27 00:28 | 小説 | Comments(0)

女の日記


雨の降る高速を走る。
ラジオから流れる言葉に

心がとまる・・・

「どこがよくて係わっていたのかを考える別れ方もある」と。


どこが嫌で別れたかは、随分と苦い思いが残るが
こういう別れ方も洒落ている。


出会えば、別れがいつかはまっている。
相手の事情、自分の事情。

思いかえしみると自分の事情ばかりだったと・・・


相手の事情も、笑顔で見られるようになるには
心の棘をもう少し抜いておかないとだろう。


棘がなくなって、つるりとした女。
女狐のような女には、到底なれない。

でも・・・

互いが生きていく糧になる人とは別れはないように思う。
寄り添って歩む、何て素敵だろう・・・



f0104138_2126313.jpg

[PR]
by kinohanakurinikku | 2008-11-25 21:22 | 小説 | Comments(0)

海石榴




椿の古語である「海石榴」という屋号の宿

先日アドマチでみた宿のHPで眺めていた。


年を重ねると洋服より着物、ホテルより宿屋へ。

乙女椿が咲く頃に、行ってみたい宿がみつかった。


・・・携帯の電波が届かない山深い所がいいけれど

在宅支援診療所だから、無理か・・・


http://www.tubaki.net/top.html
[PR]
by kinohanakurinikku | 2008-11-24 01:22 | 感じたままに… | Comments(4)

女の日記



特別な貴方と

特別な時間の為に

まだ貴方が知らない香りを纏う


JOLIE MADAME


カレイドスコープのように

いつ見ても魅惑的な女でありたい・・・


f0104138_047369.jpg

[PR]
by kinohanakurinikku | 2008-11-24 00:45 | 小説 | Comments(0)

赤いマフラー


カイ君は、赤いマフラーがよく似合う。

純白のカイ君、やはりハンサム・・・


太めでも、何でも私はカイ君が好きです。
[PR]
by kinohanakurinikku | 2008-11-24 00:12 | 感じたままに… | Comments(0)



夢を叶えるために
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
樹のはなクリニック
最新のコメント
書き込みを拝見するのが今..
by kinohanakurinikku at 20:10
hokariさんも、お..
by kinohanakurinikku at 13:02
2/26に母がT病院で亡..
by hokari at 11:49
ありがとうございます! ..
by kinohanakurinikku at 00:10
8周年おめでとうございま..
by こさかあさん at 16:07
コメントありがとうござい..
by kinohanakurinikku at 14:51
3年前まで喫煙者だったタ..
by ター at 23:17
お久しぶり!です。 ..
by kinohanakurinikku at 12:21
お久しぶりです。 本当..
by こさかあさん at 00:16
久しぶりに樹の花クリニッ..
by こさかあさん at 23:02
ライフログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧